天井張替え業者おすすめ|費用を比較して格安で修理工事!

天井張替えはリフォームの一括見積もりサイトで料金比較しよう

天井張替えリフォーム

長い期間に亘って同じ住宅に住んでいると様々なところが老朽化し、場合によっては天井が傷んで張り替えなければならない場合があります。しかし天井張替えにかかる料金は普段からリフォームに携わっていない人には、大体いくらぐらいするという相場が分かりません。そういったときにはリフォーム一括見積もりサイトのサービスを利用して天井張替えの施工料金を比較検討してみるのが良い方法です。

 

良く雑誌やインターネットなどでリフォームをするときには相見積もりをするのが良い方法であるという内容を見かけることがあります。相見積もりをとることは、それぞれの施工会社を比較検討して対応や施工料金の違いなどを把握することが可能で優れた施工会社を探すことが出来る有効な方法です。

 

また天井張替えの相見積もりをとる最も大きなメリットはリフォームの施工料金が安く抑えられる可能性がとても高いことが挙げられます。何故かと言うと施工会社1社だけで見積もりをとると、その施工料金が安いのか高いのかが分かりませんが幾つかの施工会社から見積もりを提示してもらうことによって他の施工会社と施工料金や対応を比較することが出来るようになるからです。

 

ほとんどのリフォーム一括見積もりサイトは施工会社を登録するのにあたり審査をしているので悪徳な施工会社などは審査に通らないため登録されません。厳選された優良な施工会社から自分に合った施工会社を探すことが可能なサービスとなっています。天井張替えだけではなくキッチンのリフォームや外壁のリフォームなど様々なリフォームの内容であっても内容に応じた施工会社を選び出すことが可能です。

 

こういった点だけでもリフォーム一括見積もりサイトを使う価値は充分にありますが、リフォーム一括見積もりサイトのサービスはリフォームの計画やアドバイスなども行ってくれる場合があります。日本全国各地に対応しているリフォーム一括見積もりサイトがたくさんあるため日本全国のどこで暮らしていても利用すること可能です。

天井張替えの料金相場

天井張替え料金

雨漏りが起こるケースでは、天井部分が汚れたり穴が空いたりすることもあり、天井張替えを行うことがよく行われます。部屋の天井は寝る時に見る部分になりますが、雨漏りなどで汚れが生じない限りリフォームすることはそれほどない箇所になることは事実です。天井張替えをする場合の料金相場は、一般的に工事費・材料費・処分費用の三つに分かれますが、そのうち張替えの規模の大きさによって相違することが一般的になります。大体の料金相場は工事費に関しては1平方メートル当たり、1万〜3万円があり、天井の広さによって違いが生じます。

 

もちろん重量ある照明器具釣り下がたい場合には、補強工事などもする必要があるためその分も料金がかかります。珪藻土やしっくい塗りを行って張替えを行いたい場合には、それに対する左官工事費用もかかるケースが存在するため工事費用も割高になる可能性も存在します。

 

また材料費に関しても天井下地と天井財、クロスなどを要することが一般的で、それら素材には種類が豊富です。どんな素材を活用するかによって、料金も違ってくることもあり、工事費に加算される値段になります。10平方メートルあたり2〜5万程度の素材の費用がかかることを意識しておくと良いです。なお処分費用は、天井張替えでは現在の汚れや穴などが空いた天井をいったん崩すので、当然、その廃材などが生じ、その費用もかかります。

 

料金相場もどのくらいの規模で廃材などが生じるかによりますが、一般的には2万円前後の費用が多いです。天井張替えの料金相場は、張替え面積が広ければ広いほど費用がかかる計算になるのは確かになります。もし費用を抑制したい場合には、天井張替えをしたい箇所を限定することがポイントになり、他にも工事費と材料費の二つを如何に節約するかがカギを握ります。業者に依頼した場合には、大抵は料金相場に基づいて見積もりを行う流れが一般的ですが、特殊の工事や材料を使用する場合にはそれ以上の料金がかかってしまうこともあります。

天井張替えのメリット・デメリット

天井張替えメリット

天井張替えのメリットは大まかに3つのポイントに分けられます。まず1つ目のポイントは清潔保持です。天井張り替えは言わば天井のリフォームで、クロスの張り替えや塗装も含まれています。タバコによるヤニの汚れや経年劣化によるシミなど床や壁と同じく天井も汚れるものです。それらを思い切ってリフォームするのは住宅の寿命を延ばすだけでなく、部屋の雰囲気を一新して気分を良くする事にも繋がります。次に2つ目のポイントは先述した住宅の寿命もとい維持と関わりがある事です。

 

それはずばり補修ですが、基本的に天井に穴が開くというトラブルは起きにくいとされています。けれども雨漏りといった天井にダメージを与える腐食によって穴が出来てしまい、朽ちていくケースは珍しくないです。そうなってしまうと衛生的にも環境的にもリフォームした方が良いのは言うまでもありません。
そして最後となる3つ目のポイントは補強となります。補強工事とは照明を長期間吊り下げても落ちないように店舗で行われる作業ですが、そこまでの内容でなくても天井の補強は一般住宅でも行われているものです。特に近年多発している地震の被害からか、耐震性が注目されています。また防音性や温暖効果など住宅の機能を向上させる補強も数多くなっているのが現状です。

 

一方でデメリットとして挙げられるポイントは費用の差と言えます。張り替え工事の費用は部屋の大きさと業者の価格設定、さらには被害の内容によって数万円から10万円の差があるものです。付け加えるなら塗装など追加される作業によって3万円ほどかさむかのうせいがあります。費用に関しては見積もりが可能であるため選べる自由があるものの、工事期間中は部屋を使用できないというデメリットが発生するのは避けられないです。工事の内容によって天井張り替えにかかる期間も差がありますが半日から1日が基本と言えます。とはいえ床や壁の工事も含めたうえで依頼した場合は1週間はかかってもおかしくはありません。

天井をDIYでやる方法

天井張替え方法

どのような住宅でも室内には天井が設けられていることになり、木材そのままで施工されているものから、パネルの組み合わせで施工されている状態、一般的なクロスを張っている天井も見掛けることができます。新しい住宅でも数年が経過すると天井にシミが付いてしまったり、喫煙者のいるご家庭ではヤニが付着して変色してしまうこともあります。また、パネル式などの場合では見た目が良くないことからクロスを張ることを希望したり、単に室内のイメージチェンジとして張り替えを検討することもあるのではないでしょうか。普通のリフォームではクロス張り替えを行っている専門店に依頼することになりますが、施工する部屋数が少なかったり、面積が狭いという場合ではDIYでも十分に対応することができます。その方法はまずはホームセンターに行き、気に入ったクロスを購入することです。

 

勿論購入前には面積を計算しておき、最適な幅と長さのクロスを買うことは前提です。普通のクロスの場合、裏側に糊が付けられていないので、専用の糊も別途購入します。道具は他に糊を塗る刷毛とスキージーが必要です。さらに足場を必要とするので自宅に届く範囲の椅子などがあれば十分に対応できます。施工順番は古いクロスを全て剥がしておきます。もしもパネル式であれば溝をパテで埋めておくことも必要です。少し長めにカットをしてから裏面に糊を塗る作業を行い、そのまま天井の端から張り付けを行っていきます。スキージーで平らになるように隅から空気などを出す作業も欠かせません。

 

余った部分はカッターで処理を行います。横に並べて張るクロスについては、通常では1センチ以上は重ねて張ります。合わさった部分にカッターを入れて、切り落とされたクロスを剥がす方法で綺麗に施工を済ませることができます。天井の張り替えDIYで最も大変に感じることは頭上で作業を行うということです。身体に負担が掛かってしまうことが多い施工内容なので、雑になりがちですが、糊をしっかりと付けることと、合せ部分のカット作業を綺麗に行うだけでDIYでも施工はできます。

天井の交換時期

天井張替え交換

風水害が多い季節になると雨漏りなどの天井のトラブルが気になるのではないでしょうか。長年同じ家に住み続けていると天井の交換時期をいつにしたらいいのか悩んでしまうことが多いかと思われます。天井の交換時期は特にはありませんが、雨漏りなどのトラブルが頻繁に起こるようになったら替え時であるといわれています。

 

天井の交換費用は主に工事費、材料費、廃棄物の処理費の3つに分けることができます。工事費の内訳は張り替え、補修、補強工事の3つです。張り替えは2平方メートルで2万から7万円程度で、穴などの補修は1.5万から3万円程度です。天井に重量のある照明を付けたい場合は補強工事が必要です。補強工事は6万から8万円程度が相場になっています。この他に珪藻土やしっくい塗りをしたいのであれば左官工事も必要になります。これらを考えるとトータルで11万から15万円程度の費用が必要です。材料費は2万から4万円で、処理費は2万円前後が相場です。天井リフォームの種類には、クロスの張り替えや穴の補修、雨漏りなどによる張り替えなどがあります。天井はリフォーム箇所として見落とされがちですが、実は古い住宅ではその部分が雨漏りなどによって傷んでいることが多いので交換時期を決めることが大切です。雨漏りは家財を痛めてしまうこともあるので、交換時期を後回しにせずきちんと検討するようにしましょう。

 

しかし、交換時期を決めてリフォームを行う場合、住宅ローンとリフォームローンを同時に抱えてしまうことに不安を抱く方が多いかと思われます。そんな時はリフォームローンと住宅ローンが一体になった、一体型の住宅ローンを利用するようにしましょう。最近では一体型の住宅ローンを取り扱っている銀行も増えてきているので、住宅ローンを組んでいる銀行に一体型住宅ローンがあるかを確認することがポイントになります。
このように天井の交換時期を決める場合は、ローンなどの金銭面を考慮することが大切です。"